「音の映像詩」「初めてなのに懐かしい」と形容される独自の世界感を繰り広げる
中村尚子(Nakamura Showko)

日本Jazz界の重鎮、古澤良治郎

ギタリスト梶川朋希

演奏者の魅力を確かに伝える作品を作るためには・・・

ライブ感を大事に録音しています。

Jazzの醍醐味は、何と言ってもインプロヴィゼーション(即興演奏)です。
その魅力と空気感、ライブ感を大事にCDとしてお届けしています。

ある日のレコーディング風景

キャパ400名位のホールを貸し切りにして舞台上で録音しています
スタジオを使用してそれぞれの楽器を別々に録ると音がきれいに録れ編集も楽になる場合が多いのですが、私たちは出来るだけLiveに近い状態の「一発録り」に拘っています。

音圧は高くありません

     何度もくり返し聴いていると疲れてしまうことありませんか?
     私たちのCDは同じCDをくり返し聴いても体に負担の無いように音圧は
     高くならないようにしてあります。
  

ベストを尽くす

 
ピアノのベストポジションを探してます。

レコーディングの前に楽器が、気持ちよく鳴る場所を舞台上で
調律師さんと探して入るときの一枚です。

舞台は板一枚ズレただけで音色がかなり変わる場合があるので、
足下のローラーの向きにも気配りしてます。

  

さらなる挑戦

       アナログ録音からデジタル録音に変わり、レコーディングの模様も年々変化
       してきましたが、道具が便利になっただけで良いCDができるとは限りません。
       
       どのような形でレコーディングするのが、アーティストの思い描いているサウンド
       その世界観に通じるのか・・・
       
       それは、便利なモノでは解決できない世界かもしれません。


CD    


2009.11.11 on sale!
HARUINU DUO/中村尚子(pf)、梶川朋希(gt)
BQ Records XQBB-12021575(tax in)

初めてなのに、なぜか懐かしい・・・
心を駆け抜ける、かろやかなギターと
確かな情景を心に伝える美しいピアノのコラボレーション。
ピアノとギター、もっとも身近なふたつの弦楽器が、自由奔放に繰り広げる
ミニマルな器楽合奏(二重奏

Jazz / Acoustic / Healing & EasyListening
中村尚子 & 古澤良治郎


新緑の中に雨が降っている/中村尚子&古澤良治郎 
(XQBB-1201)¥2520


ひとりになったその時こそ・・・
「初めてなのに懐かしい」と形容される中村尚子の楽曲は古澤良治郎(ds)と
出会い「音のおとぎ話」となった。
あなたの中から呼び覚まされる「あのとき」のあざやかなイメージ

2009年6月3日リリース
Jazz / Acoustic / Healing & EasyListening
中村尚子 & 古澤良治郎 評判VOICE CDの評判を読む


Afterimage/春犬バンド (BQR-2025)¥1680

誰もが胸に秘めている懐かしい日の風景      様々な出来事の記憶・・・       
そんな心に宿るafterimage「残像」をサウンドに表現した
      「春犬バンド」初、珠玉のduoアルバム!
  
  中村尚子(ピアノ), スズキケンタロー(コントラバス)
     
*ボーナストラック「春の夕暮れに犬は踊る」      ピアノソロ収録
2003年9月25日リリース
Jazz / Acoustic / Healing & EasyListening

春犬バンド - Afterimage 評判VOICE CDの評判を読む


遠い国/春犬バンド(BQR-2017)¥2000
Audio&Movie版として再発


春犬バンドのャケット製作でもおなじみハシモトミカによる
CGアニメーション「ゴルゴダの丘」がパソコン上で楽しめます

2002年8月15日リリース
Jazz / Acoustic /

春犬バンド - 遠い国 評判VOICE CDの評判を読む


「春と犬12月号」/春犬バンド BQR-2012 ¥1500

初めてなのに懐かしい」春犬サウンド登場
TV CM曲にもなりました

1999年12月31日リリース 1stCD

Jazzのスタイルからこっそり抜け出そうとする4人が生み出した
不朽の名曲たち・・・・

Jazz / Acoustic /

春犬バンド - 春と犬12月号 評判VOICE CDの評判を読む



評判VOICE


中村尚子&古澤良治郎 「新緑の中に雨が降っている」 CD 評

「新緑の中に雨が降っている」
中村尚子(pf)、古澤良治郎(ds)
BQ Records XQBB-1201
2520(tax in)
2009/6/03
Jazz / Acoustic / Healing & EasyListening
中村尚子 & 古澤良治郎


Amazon.co.jp
“春犬バンド"のリーダー中村尚子のプロジェクト第一弾。 「初めてなのに懐かしい」「音の映像詩」と形容されるピアニストで、これまで3枚のアルバムをリリースしている自己のプロジェクト=“春犬バンド"のリーダーにして、アレンジャー、FM番組のパーソナリティーもこなす中村尚子。『新緑の中に雨が降っている』という小説のタイトルにも似合いそうな本作は、「孤独な自分を大切にしながら」「八幡平の大自然の中で直感した」「音が鳴ること、鳴らないことに大した違いは無い! 」という彼女自身の実体験を音にしたピアノとドラムのデュオ作品で、彼女自身の記念すべきプロジェクト第一弾! パートナーとして選んだのは、ジャズだけでなくジャンルを超えて数々の大物ミュージシャンとも共演する他、コンポーザーやプロデューサーとしても活躍する古澤良治郎。ピアノとドラムというデュオは珍しいが、風景や景色が見えてくるような心の琴線に触れる全8曲のサウンドは、自分を見つめ直すきっかけを与えてくれるようだ。(The Walker's 加瀬正之)

CDジャーナル
“音の映像詩”と形容される春犬バンドのリーダー、中村尚子のソロ・プロジェクト第1弾。
ベテランのジャズ・ドラマー、古澤良治郎を招き、ピアノとドラムのデュオで、心の趣くまま絵筆を弾ませる。どこか懐かしく、人肌の温もりの、不思議な浮遊感に魅了される


Jazz Page
既存のジャズにとらわれない音楽を演奏している春犬バンドのリーダーであるピアニスト、中村尚子の新しいプロジェクトの第一弾。古くから親交のあるベテラン・ドラマー、古澤良治郎とのデュオ・アルバム。八幡平の大自然の中でインスピレーションを得たことがきっかけでアルバムづくりを行ったそうだが、美しい叙情的なピアノサウンドとなっている。冒頭の”新緑の中に雨が降っている ”ではフリーでドラムスの古澤との緊張感を漂わせたコラボレーション、”対話 ダイアログ”や
”地下鉄にて”ではリズムを強調した力強いサウンド、そして、ホレス・シルバーの”Peace”ではピアノ・ソロで孤独感を感じさせる。ジャズに捉われない中村独自のヒーリングの世界だ

Jazz評論家 高野雲氏
かなり気持ちの良いピアノだ。日常感覚で、優しく、柔らかく心の中をマッサージしてくれるかのよう。
ココロが洗われるピアノ。こう書くとチープな表現になるがが、本当にそのとおりなのだ。
特に
・・・・続きはこちらから 高野雲氏のサイトcafe montmartre

ジャズCDの個人ページBlog 工藤一幸氏
以前、春犬バンドとして3枚紹介させていただきましたが、今回は中村尚子(P)&古澤良治郎(Ds)というメンバーのクレジット。5曲目のホレス・シルヴァー作以外は、中村尚子の作曲です。CDのオビには「初めてなのに懐かしい」と中村さんのことを書いてありますが、なるほどその通り、ジャズというよりは日本情緒を感じるサウンドに仕上がっています。ビートも4ビートは一切なしで、ドラムスとの演奏も、・・・・
続きはこちらから 工藤一幸氏のサイトジャズCDの個人ページBlog

「いっき」のJAZZあれこれ日記
2009.10.3「日本人ジャズを聴こう!たまにはねっ。」でCDのコメントが掲載されています
2016年のオリンピックはリオデジャネイロに決定しましたね。東京で開催されたら見にいきたかったのですが残念です。たまにはこれっということで、不定期企画「日本人ジャズを聴こう!」今日は中村尚子古澤良治郎『新緑の中に雨が降っている』(2009年、Haruinu Music)を紹介します・・・
続きはこちら 日本人ジャズを聴こう!たまにはねっ。

2009.9.20〜21 
中村尚子がラジオに出演させて頂いた時のコメントと友人のtommyさんからのCDコメントです。 
ダラー・ブランドと中村尚子さんのピアノに和む
tommyさんから伝言メールが届きました







HARUINU MUSIC MENU

Copyright (C) HARUINU MUSIC All Rights Reserved.